病院薬剤師求人TOP >> 条件別の求人 >> 管理薬剤師

管理薬剤師の病院薬剤師求人

ドラッグストアや調剤薬局で見かける管理薬剤師ですが、病院でも求人は募集されています。管理薬剤師になるには法律的な資格も必要ないので、薬剤師になってある程度の実務経験とスキルがあれば応募することができます。そのため一般的には管理薬剤師募集とはあまり掲載されることがなく、管理薬剤師の募集は少ないと思われがちですが、薬剤師転職サイトには多くの管理薬剤師の求人が紹介されています。

病院で募集される管理薬剤師は薬剤師業務全般を請け負うことになるため、医薬品メーカーで募集される求人とは少し違います。病院薬剤師の求人で募集される管理薬剤師は、その病院の薬局長や薬剤部長にステップアップすることが可能な求人であったり、院内処方の他に病棟での服薬指導や調剤・輸血製剤など、広く薬剤業務を行う薬剤師のことを指しているため、募集されている求人の年収は高給な場合が多いと言われています。

管理薬剤師と聞く特別な意味合いが込められているようなイメージがありますが、管理職の薬剤師を募集しているケースはほとんどありません。もちろん病院によっては管理職募集の意味で使われていたり、業務内容が多岐に渡るので名付けられている場合もあり、紹介されている求人内容を見ただけでは詳しく中身を知ることはできないのです。そこで薬剤師転職サイトのコンサルタントに詳細を確認してもらって、業務内容を教えてもらいましょう。

「名前だけのものならそこまで気にしない」と思うかもしれませんが、病院によっては調剤業務・薬品管理業務だけで、任せられる業務が自分の想定とは違うこともあります。一般的に募集される薬剤師の求人は薬品の発注や服薬指導など、薬剤師業務全般を指していないことが多いので、求人情報をチェックして混同したり誤解してしまうことも考えられないわけではありません。

どちらにしても薬剤師の募集なのでそれほど変わりはないのかもしれませんが、薬事法で義務付けられた薬剤業務の責任者として募集されることが本来の管理薬剤師で、病院で募集される場合にはどこまでが適用される範囲なのか個々に違います。役職に就く場合と就かない場合もあるので、その点も明確に聞いてみて下さい。

基本的には薬剤師よりも1つ上の立場となるのが管理薬剤師で、それだけ業務内容の幅が広かったり、責任ある立場となります。薬事法に従えば店舗や薬局の監督をするので、一般的な薬剤師業務とは兼任することがNGとされていますが、病院薬剤師の場合は独立した薬局ではないので、管理薬剤師としての求人募集に興味がある人は薬剤師転職サイトへ問い合わせてみましょう。

病院薬剤師に転職するなら必須のサイト比較

リクナビ薬剤師
対応エリア 全国対応
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2018 病院薬剤師求人サイトランキング All Rights Reserved.