病院薬剤師求人TOP >> 条件別の求人 >> 産休・育休・介護休制度あり

産休・育休・介護休制度ありの病院薬剤師求人

病院薬剤師の多くは、産休・育休・介護休暇制度を利用することができます。どの病院でもこれらの休暇を取得できるのは看護師だけではないので、ほとんどの場合で薬剤師にも与えられる権利なのです。ところが地域性や病院の環境によっては対応していない場合もあり、それが利用できないので退職せざるを得ない人もいます。

産休・育休・介護休暇制度は病院それぞれの方針によるものなので、対応していなくても罰則が科せられるわけではありません。また、民間の病院であれば何ら問われることがないので、こういった制度は全て病院側の運営に委ねられているのが現状です。「どのくらいの期間休暇を取得することができるのか」という疑問も持つと思うので、薬剤師転職サイトで相談してみると良いでしょう。

こうした制度を利用できない病院はなかなか人材を育てることが難しく、離職率も高いと言われています。よく「求人情報には記載されてあったのに実際は取得できなかった」という話しもありますが、薬剤師転職サイトではコンサルタントが丁寧にひとつひとつ確認しているので、謳い文句だけで看板に偽りがあるようなことはありません。

一般的に産休は出産の6週間前。産後は8週間。育休は平均して1年間程度と労働基準法にありますが、病院によってはもっと少し長期で設定しているところもあります。また、産休・育休・介護休暇制度中の給料については、無給にするか有給にするかは事業者の判断によるので、休暇には対応している場合でも無給扱いとされるケースは少なくありません。

「これから結婚して子供を産みたい」と考えている人にとっては、仕事を諦めて辞めるか辞めないかの大きな問題となるので、可能性がある場合は休暇制度の整備された病院へ転職して欲しいところです。病院によって対応はさまざまなので、気になる人は確認する必要があります。制度を利用できると記載されていても、どうしても心配な人はコンサルタントに交渉してもらうことをお薦めします。

薬剤師転職サイトのコンサルタントは、利用者が満足できる転職サービスを提供するプロなので、「○年後に子供を授かりたいけど休暇取れるかな」と不安な要素がある場合は、病院で面接を受ける際に同行してもらい、勤務条件を交渉してもらうことができます。双方ともに間違った認識をしているとトラブルに発展するので、そこはコンサルタントに任せても良いかもしれません。もしその時点で考えていたものと違う場合は、コンサルタントをとおして断ることも可能です。

病院薬剤師に転職するなら必須のサイト比較

リクナビ薬剤師
対応エリア 全国対応
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2018 病院薬剤師求人サイトランキング All Rights Reserved.