病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 病院薬剤師の年収相場は?

病院薬剤師の年収相場は?

どんな運営母体の病院かにもよりますが、厚生労働省の統計によると薬剤師の年収相場は、35歳平均・大規模な病院で年収450万円〜550万円と言われています。地域や雇用形態によってもさまざまなので一概には言えませんが、女性を例にして言えば専門職なので、一般的な事務や販売の職種よりは数段高収入だと言えるでしょう。

もちろん役職に就いていたり、夜勤や当直があればもっと高額な年収になるわけで、700万円以上の病院薬剤師も存在しています。どちらかと言えば薬剤師の場合は、ドラッグストアの管理薬剤師や製薬メーカーの社員に転職する方が年収UPとなるイメージですが、病院薬剤師も勤務する病院によっては、高い年収を保証してもらえます。

調剤薬局と病院薬剤師のどちらかで転職を悩む人も多いですが、年収相場としてはどちらもそれほど大差はありません。休日や休暇などの他の勤務条件と照らし合わせたとしても、それほど目立って病院薬剤師だけが良いわけではなく、調剤薬局だけが自由に都合が付きやすいわけではありません。その点は勤務する職場によって違うので、薬剤師転職サイトで比較検討してみて下さい。

ただ、1つだけ違うとすれば調剤薬局は患者さんへの服薬指導や薬品管理が中心ですが、病院薬剤師は他にも製剤業務や監査業務などの知識と経験が必要になるため、勤務先の病院によっては調剤薬局よりも年収が高い場合があるかもしれません。また、中規模な病院の場合は年収380万円〜450万円程度が相場となっていますが、薬剤師の場合は勤続年数が長い人が多く、転職して勤続10年以上の場合は年収550万円平均が一般的です。

40代〜50代では経験年数に応じて年収700万円以上の人もいますが、転職していきなり700万円を超えるケースは求人募集では見かけないと思います。一般的には薬剤師になってからの経験年数ではなく、転職してからの勤続年数1年目の年収で紹介されているため、「あまり年収は高くない」と思われていることが多いわけです。ただ、提示されている年収はあくまでも転職したときのスタート地点での話なので、転職先で経験を積んでいけば年収はUPしていきます。

転職してからの年収で選ぶ人が多いですが、「どのくらいの金額で昇給していくのか」ということも聞いておかなければ、病院によって転職してから3年〜5年後の年収に大きな差ができることもあります。昇給は年1回と記載してあることが多く、金額まではわからないので、コンサルタントに問い合わせて昇給を期待できそうなところを選びましょう。

病院薬剤師に転職するなら必須のサイト比較

リクナビ薬剤師
対応エリア 全国対応
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2018 病院薬剤師求人サイトランキング All Rights Reserved.