病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 病院薬剤師の転職の面接対策は?

病院薬剤師の転職の面接対策は?

病院薬剤師の求人募集で面接を受ける際は、薬剤師転職サイトで事前に面接のシュミュレーションをしてもらうことができます。そのため面接で質問されそうなことや態度をチェックしてもらい、面接本番に備えることができるというわけです。「普段はおしゃべりだけど面接だと緊張する」という場合は、コンサルタントに面接に同行してもらうことも可能です。

同行と聞くと保護者が付いてくるようなイメージですが、交渉代理人という位置付けで立ち会うことは先方もわかっているため、コンサルタントの同行に疑問をもたれるようなことはありません。また、採用する側の病院に選考する権利があるように、採用される側の薬剤師にも断る権利はあります。面接した結果思っていた病院と違う場合は、コンサルタントを経由して断りましょう。

「どうしようか迷っている」という人は、いくつかの病院の面接を受けて比較検討してみることをお薦めします。「天秤にかけたらダメなのでは?」という声もありますが、比較してみなければ候補先のメリットやデメリットもわかりません。満足できる転職ができないなら、転職前の状態と変わりません。そのため2件以上の病院で悩んでいる場合は、どちらの面接も受けてみるべきです。

「転職したい理由が言いづらい」という場合でも、悪いことをしているわけではないので、まっすぐに堂々と伝えれば問題ありません。どんな理由であっても、下を向いて小さな声で呟いている方が印象が悪いです。答えにくい質問もあるかもしれませんが、誤魔化したりしないで素直に答えることがポイントです。

「子供が小さいからできれば日直を外して欲しい」「手当はどのような感じで付くのか」という勤務条件に関することで、先方と交渉が必要になるかもしれないことは、面接を受ける側としては切り出しにくい話題なので、コンサルタントに交渉してもらうこともできます。もちろん自分で交渉できる人は自分ですれば良いのですが、交通事故を起こしたときに当事者同士ではなく、保険会社が間に入った方が良い場合もあるので、それと同じように間に入って交渉してもらうと良いかもしれません。

中途採用の場合は書類審査で不合格となることはあまりないので、ほとんどが面接のみで合否が決まります。採用担当者は履歴書もちろんですが、面接に訪れた際の全体の雰囲気で求職者の気持ちを察知します。それだけ面接は重要なポジションなので、暗いイメージを残さないように明るく前向きな気持ちを持ってチャレンジして下さい。

病院薬剤師に転職するなら必須のサイト比較

リクナビ薬剤師
対応エリア 全国対応
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2018 病院薬剤師求人サイトランキング All Rights Reserved.