病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 病院薬剤師の自己PR・志望動機は?

病院薬剤師の自己PR・志望動機は?

面接・履歴書に必要とされる自己PRや志望動機ですが、聞かれるとわかっていることでも答えに戸惑ったりしませんか?なぜこの病院を選んだのか、どんなところがアピールポイントなのかなど、なかなか上手く答えられなくて苦戦した経験もあるかもしれません。また、緊張して思っていることと違うことを話していたり、伝え忘れて後悔したこともあるかもしれません。

正直に「給料が高いから志望した」というのも大人としてどうかと思うので、薬剤師専門の転職サイトでコンサルタントに相談してみましょう。例えば「給料が高い」という動機を「自分の能力に見合う収入をもらえるから」などのように表現方法を教えてもらうことができるので、自分の気持ちに近い話ができるはずです。

志望動機を問われるのは仕事への意欲を試すためで、この質問だけで個人の本質を見抜くことは難しいかもしれませんが、採用担当者側としては第1段階のテストというわけです。自分にどんな経験があるのか。という点が自己PRに関係してくることですが、これも思いつかない場合はコンサルタントに相談して下さい。

自己PRは言わば長所。「自分を採用すればこれだけのメリットがありますよ」ということを伝えるツールになるわけですが、人は自分のことを客観的に分析する能力には長けていません。自分では良いと思っていることでも、周囲からすれば的を外していることもあるのです。自分で考えていると偏った答えになることもあるので、コンサルタントに客観的な見地を示してもらう方が得策です。

他人から示されるアピールポイントには、「こんなことがポイントになるの?」と首をかしげる話しも含まれる場合がありますが、客観的に見て「この人のここが良い」というポイントこそが求められている能力なのです。自分が考えている自分と、他人から見た自分は違います。ましてやコンサルタントはその道のプロなので、アピールポイントとなる材料は本人よりも確実に上手く見つけてくれます。

今まで面接に落ちた経験があれば、なぜ落ちてしまったのか採用担当者側に聞きたいと思いますが、不採用の理由はほとんどの場合で教えてもらうことができません。そうするとどこがダメだったのかわからないまま、つぎの転職活動をすることになるのです。薬剤師転職サイトのコンサルタントは双方の条件をマッチングさせて、アピールポイントを上手く活用してくれるので、自分の能力を正確に採用担当者側に伝えることができます。

病院薬剤師に転職するなら必須のサイト比較

リクナビ薬剤師
対応エリア 全国対応
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2018 病院薬剤師求人サイトランキング All Rights Reserved.