病院薬剤師求人TOP >> FAQ >> 病院薬剤師で多い転職理由は?

病院薬剤師で多い転職理由は?

病院薬剤師が転職を考えるいちばんの理由は、やはり収入UPの問題です。薬剤師は専門職なので、新卒で採用された場合は当然他の職業と比べると高い部類に入ります。ところが30代になると、専門職ではあっても他の職業よりも年収が低い病院もあるのです。同年代の会社員と比較してみると、専門職ではあっても給料に大差がない場合もあります。

その原因はそれぞれの病院にあるかもしれませんが、基本的には薬価の改正によって病院の利益が減った。そのため規模の小さな病院では薬剤師の収入UPが難しく、一定の年齢になると頭打ちのような感じになってしまうのです。また、薬剤師の地位が確立されていない病院では、どうしても医師の下で指示されるだけの存在となってしまいます。
薬学部が4年生から6年生に変わってより専門的な知識を身に着けたとしても、大学を卒業して社会人になった時点で、医師のように今まで支払ってきた学費を楽に回収できるほど、高額な収入を保証してくれる病院は限定されています。そのためドラッグストアの管理薬剤師や製薬メーカーへ転職する人も多いわけです。

また、病院薬剤師は日直や当直などがシフトで回ってくることもあり、日直明けの代休がない病院も現実には存在しています。病棟勤務となると1日中立ちっぱなしで業務に当たる場合もあり、体力的にも精神的にも負担の大きな仕事であるにも関わらず、満足できる収入を得ることができないことが、転職理由として多くの薬剤師から言われていることです。

ドラッグストアの管理薬剤師は、単刀直入に言うと薬剤師本来の業務には当たりません。調剤薬局を併設しているドラッグストアもありますが、それでも調剤と服薬指導・薬品管理がメインとなるので、スキルを磨きたい人は病院への転職を希望します。そうなるとドラッグストアの求人はいわゆる人手不足に陥り、高い給料を提示しなければ管理薬剤師を置くことができなくなります。

その反対に薬剤師としての知識を活かして働きたい人は病院へ集中するため、病院側としては高い給料を支払わなくても応募者を選ぶことができます。負のスパイラルのような図式となってしまいますが、もちろん全ての病院が当てはまるわけではありません。チーム医療に欠かせない立場として薬剤師の地位が高い病院もあれば、地方の病院で人材が不足しているところもあるので、薬剤師転職サイトで希望する条件をコンサルタントに伝えて探してもらえば、近いところに条件を満たした病院があることに気づくかもしれません。

病院薬剤師に転職するなら必須のサイト比較

リクナビ薬剤師
対応エリア 全国対応
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2018 病院薬剤師求人サイトランキング All Rights Reserved.