病院薬剤師求人TOP >> 病院種類別の求人 >> 急性期病院

急性期病院の病院薬剤師求人

薬剤師としての経験を積むなら、急性期病院は外すことができません。「ゆっくり勤務したい」「穏やかな雰囲気の病院が良い」というなら話しは別ですが、急性期病院は特定疾患の患者さんも多く、治験などの委託業務や勉強会もあるので、経験値をUPさせる職場としては右にでる者はありません。

「急性期は院外処方が多いから求人が少ないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、病棟での服薬指導や調剤業務など仕事の幅が広いので、全体的に考えても求人数が減少するようなことはありません。1日にどのくらいの処方箋を取り扱うかは、薬剤師転職サイトで処方箋枚数が記載されているので、それを参考にしてみて下さい。処方箋枚数で忙しさが計れるわけではありませんが、多ければ多いほど勉強できる職場と言えます。

ハローワークの求人には処方箋枚数については記載されていないので、募集している病院が院内処方にどのくらい対応しているのかはわかりません。もちろん担当者に確認してもそこまでは把握していないので、それを確認するためには薬剤師転職サイトのコンサルタントに問い合わせをする方が効率的です。データとして記載のない病院でも問い合わせれば確認してもらうことができるので、興味のある病院があれば聞いてみると良いでしょう。

急性期病院は、二次救急に指定されているところがほとんどで病床数も多いため、薬剤師の採用人数も比較的多い傾向があります。現在どのくらいの薬剤師が勤務しているのか部署構成に人数が記載されてあるため、職場の規模を知ることができます。ハローワークでも病院全体の職員数はわかりますが、薬剤師の人数までは確認することができません。

「急性期は病院経験が必要なのでは?」というイメージもありますが、未経験からでも研修や勉強会に参加して、ローテーションで病棟業務を教えてもらうことができるので、調剤薬局から病院薬剤師への転職も難しいことはありません。病院経験があればそれに越したことはありませんが、未経験者にも対応しているので相談してみて下さい。

急性期病院は病棟で実施しているカンファレンスにも参加したり、学会へも積極的に出席することができます。急性期に対応している病院は規模が大きいため、常勤の正社員以外に非常勤やパートでも求人募集が多く、「経験は積みたいけど勤務時間が調整できないかも」という子育て中の人でも気軽に応募できる案件が取り扱われています。

病院薬剤師に転職するなら必須のサイト比較

リクナビ薬剤師
対応エリア 全国対応
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2018 病院薬剤師求人サイトランキング All Rights Reserved.