病院薬剤師求人TOP >> 病院種類別の求人 >> クリニックの病院

クリニックの病院の病院薬剤師求人

クリニックではあまり薬剤師を目にする機会が少ないので、「クリニックでは採用してもらえないのでは?」と考えている人も多いかもしれませんが、薬剤師転職サイトではクリニックの求人情報も掲載しています。クリニックは個人経営によるものなので、医師の書いた処方箋で看護師が薬の準備をしたり、近所の院外薬局と提携して調剤業務を実施しているため、薬剤師を採用しないイメージが定着しているかもしれません。

比率的にはクリニックに薬剤師が常駐しているところは少ないと思いますが、それはあくまでも常勤の薬剤師なので、非常勤での募集はクリニックでも行われています。特に入院設備のある産婦人科や内科・整形外科では薬剤師は欠かすことのできない存在のため、欠員補充のための求人が紹介されているはずです。入院設備の存在しない小児科や眼科・耳鼻科など、クリニック自体が小規模な場合は、人件費を抑えるために薬剤師を採用することころは多くはありません。

本来であれば服薬指導や調剤管理は看護師の業務範囲には含まれないのですが、院外処方に対応していないクリニックの場合は、薬剤師を置かずに看護師が調剤していることも事実です。薬剤師免許を持つ薬剤師の登録さえしていれば、院内で看護師が調剤業務を行っていても法的に問われることはないのです。医薬分業としては、クリニックは全て該当しているとは言いづらいものがあります。

クリニックで紹介される場合は、クリニックの経営する院外処方薬局で採用となることもあるので、そのクリニックの院内薬局や薬剤部ではない可能性もあります。院外薬局は一般的な調剤薬局と変わりないので、クリニックへ転職した気持ちにはなれないでしょう。20人以上の入院設備になると、クリニックではなく病院と表記されることを考えても、クリニックの薬剤師求人は限られてくるのかもしれません。

1つ注目して欲しいポイントとしては、医療法によって名称が区切られてクリニックが運営されていますが、クリニックとは広く医療機関のことを指すので、薬剤師転職サイトの求人情報では、病院のことを○○クリニックとして紹介している場合もあります。そのためクリニックで検索をかけると、クリニック以外の求人情報も抽出される場合があるので、「クリニックの求人は取り扱っていないのでは?」と誤解していても不思議ではないのです。

医薬分業が進んで院外薬局が増加していますが、院外で調剤するということは、実際には患者さんへ投薬代金を負担させていることになります。そのため患者さんへの投薬代金を軽減させる目的として、院内薬局を設けているクリニックでは、院外調剤薬局よりも給料が低いと言われています。

病院薬剤師に転職するなら必須のサイト比較

リクナビ薬剤師
対応エリア 全国対応
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2018 病院薬剤師求人サイトランキング All Rights Reserved.