病院薬剤師求人TOP >> 病院種類別の求人 >> 精神科病院

精神科病院の病院薬剤師求人

療養型病院と同じように、落ち着いた環境で勤務することができるのは精神科病院です。精神科専門病院はメンタル面の新領域なので薬剤師の出番も多く、「精神科は大変なのでは?」とのイメージが先行しているため、総合病院や急性期病院と比べて応募が集中してしまうようなことがありません。

そのため応募してからの競争率も低く、採用率は高い水準となっています。精神科の病院薬剤師は専門領域の業務が多く、統合失調症や認知症などを患っている患者さんに対応するため、服薬指導も一般的な患者さんに説明する対応とは少し違います。処方箋を渡せば良いというわけではないので、患者さん本人ではなく、場合によっては看護師が投薬管理しているケースもあります。病院の立地的にも緑の多い丘の上に建てられていたり、テラスや庭園が整備された綺麗な病院も多いので勤務環境は良いでしょう。

精神科単科病院での募集になるのか、内科や耳鼻科など他の診療科も含まれている病院での募集になるのかで違いますが、精神科のみで求人募集されている場合は、精神科の夜間救急に対応しているところもあるので、勤務条件などを詳しく確認しておく必要があります。

精神科はどうしても暗いイメージが付きまとう診療科なので、他の病院と比べて勤務することに閉塞感を感じてしまう人もいるかもしれませんが、それは単なるイメージに過ぎません。確かに閉鎖病棟と聞くと隔離された陰圧なイメージから、「精神科は大変だ」と噂が広がるのでしょうが、実際にはアットホームで明るい病院が多く、外の世界と遮断されているわけではありません。

心療内科・精神科領域に興味を持っている場合は、総合病院の精神科よりも専門的に勉強することができる精神科病院の方がスキルUPするため、臨床経験を積んで精神科専門薬剤師を目指す場合は、資格サポートに対応した病院を薬剤師転職サイトで紹介してもらいましょう。病院の雰囲気は写真やデータだけではわからないので、直接足を運んで見学してみて下さい。

ストレスでうつ病になる現代人は多いですが、それと同時に間違った薬物療法を実行している人も多いので、精神科においては正しい服薬指導が大きなウエイトを占めています。精神科の薬物療法は医師や看護師との連携が大切なので、一般的な病院のチーム医療よりも深く関わるところもあるかもしれません。精神科病院は外来のクリニックよりも病状の重い患者さんが多く、見た目だけで判断することが難しいので、臨床心理士・精神保健福祉士とも一緒に患者さんをサポートすることになります。

病院薬剤師に転職するなら必須のサイト比較

リクナビ薬剤師
対応エリア 全国対応
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2018 病院薬剤師求人サイトランキング All Rights Reserved.