病院薬剤師求人TOP >> 病院種類別の求人 >> 公立病院

公立病院の病院薬剤師求人

公立病院の薬剤師は身分が公務員扱いとなりますが、どこで求人が募集されているのか知っていますか?公立の病院薬剤師は、ほとんどの場合でハローワークか自治体のWEBサイトで募集されることが多いため、薬剤師転職サイトでは求人情報の取り扱いがないような気がしますが、ここで少し考えてみて下さい。公立病院とはどこまでが対象範囲となるのでしょう。

公立病院は公の病院。つまり都道府県立・市区町村立の病院です。国立病院も含まれるようなイメージですが、公立病院は地方自治体の運営する病院のことを指すので国立病院は該当しません。そのためどうしても公務員色が強く、民間の薬剤師転職サイトには掲載されていないイメージですが、「公立病院」というキーワードで検索してみると求人情報を確認することができます。

もちろん公立病院の求人は公立の機関で広告募集されるパターンが慣例となるため、他の運営母体の病院のように多くの求人が存在しているわけではありません。また、時期的には紹介されていない場合もあります。基本的には公立病院の求人は年度末に向けて提示され、一定の条件で募集されるため、中途採用の場合は転職サイトでは紹介していなこともあるのです。

まったく求人が存在していないというわけではなく、薬剤師の人数が少ない地方の病院や公立単科精神病院・ケアミックス病院など、募集されている病院が限られるてくるケースもあります。もしくは正社員の募集ではなく、嘱託社員・パートなど臨時職員の身分として募集がかけられているかもしれません。公立病院の臨時職員採用の場合は日々雇用となるので、公務員としての身分が保証されるわけではありませんが、安定した職場で働けるという点では断トツでしょう。

公立病院はほとんどカレンダーどおりの勤務になるため、その多くが土日祝が休日となります。家庭とのワークバランスを図りやすい人気の求人なので、求人が公開されるとすぐに募集が殺到してしまい、「求人情報を目にするチャンスがない」という話しも珍しいことではありません。

薬剤師転職サイトでも求人数の少ない部類に含まれるので、公立病院の求人はどうしても激戦になってしまいます。そうは言ってもハローワークで募集される場合も同じなので、そういう意味では求人情報を早く知ることのできる薬剤師転職サイトを有効的に活用して下さい。コンサルタントに問い合わせをすればすぐに対応してもらえるので、公立病院への転職を希望している場合は早めに伝えておきましょう。

病院薬剤師に転職するなら必須のサイト比較

リクナビ薬剤師
対応エリア 全国対応
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2018 病院薬剤師求人サイトランキング All Rights Reserved.