病院薬剤師求人TOP >> 病院種類別の求人 >> 大学病院

大学病院の病院薬剤師求人

敷居が高いようなイメージの大学病院ですが、その敷居も国立病院の法人化に伴って少しずつ緩和されてきました。ただ、他の病院とは違って大学病院は教育機関なので、より専門性の高い知識と経験が求められる傾向にあります。「それなら転職は難しいのでは?」と思われがちですが、国立・公立・私立によっても募集要件には違いがあるため、薬剤師転職サイトに確認してみて下さい。

大学病院の場合は地方に行けば行くほど国立しか存在しないので、地域によってどうしても求人の量に差が出てしまいます。都市部であれば私立大学も多いですが、地方では国立・公立が中心となるため、最初から求人数の数を想定して諦めてしまう人もいるかもしれません。「どこを探しても求人がない」というわけではないので、見当たらないときは積極的に問い合わせてみると良いでしょう。

大学病院は、医師・看護師・検査技師などと連携したチーム医療となります。院内の薬局での調剤業務は元より、緊急時の救急対応や学術的な研究なども取り扱うことになるので、今よりも自分のスキルをUPさせることができる点では間違いありません。「大学病院の独特の人間関係が苦痛」と思う人もいますが、それは全ての病院に当てはまるわけではないので、人間関係が気になる人はコンサルタントに相談してみると良いかもしれません。

確かに大学病院には教授や准教授といった肩書きの医師がいて、派閥やグループで行動範囲が決まってしまうような雰囲気を感じるかもしれませんが、薬剤師は医師や看護師とは異なる独立した部署なので、多くの人が想像しているほど人間関係のトラブルに巻き込まれることはないと言われています。

大学病院への転職は、面接の他に筆記試験で小論文や英語が求められたり、実務経験が2年必要とされたりする場合もあります。○年契約の契約社員・非常勤という形で募集されている場合は、高いハードルで募集されているわけではないので、「大学病院は自分には高望みだから」という気持ちで、距離を遠くしなくても心配ありません。中途採用の場合は新卒よりも条件が少ない可能性があるため、自分の経験を武器に挑戦することができます。

各大学病院によってカラーが違うので、「○○大学の雰囲気は?」と聞いてみることが近道です。薬剤師は調剤することがメインでしたが、アレルギー疾患の患者さんに投薬する場合や救急での処方管理など、業務内容の幅は以前にも増して広がっているため、大学病院へ転職することはその能力を高めるための登竜門と言えるでしょう。

病院薬剤師に転職するなら必須のサイト比較

リクナビ薬剤師
対応エリア 全国対応
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2018 病院薬剤師求人サイトランキング All Rights Reserved.