病院薬剤師の転職には転職サイトを利用しよう

「収入UP」「残業が少なめ」「お休みがしっかりとれる」「通が便利」などなど、転職の条件は様々ですよね。転職は何度もできることではないので、失敗しないように慎重になるのは当然です。当サイトは病院に転職したい薬剤師さん向けのサイトになっています。

当サイトは病院薬剤師に強い転職サイト比較も行っています。リクナビ薬剤師に代表される転職サイトには、転職のプロであるコンサルタントが在籍し、病院薬剤師に限定した欲張りな転職相談にものってくれます。希望通りの転職成功には転職サイトへの登録が近道です!全て無料で利用できますので求人情報を収集する意味でもまず登録してみましょう。

ここがオススメ!病院薬剤師転職サイト人気ランキング!

リクナビ薬剤師
対応エリア 全国対応
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • リクナビ薬剤師の総求人数は35,000件以上!全体の75%は非公開求人で最短3日で転職も可能!
  • ・上京して転職を希望する場合は、効率良く面接するための交通費負担にも対応可能です。
  • ・転職に関する疑問・質問は、転職マニュアルコーナーQ&Aにて疑問をすっきり解決できます。
  • 毎日30件以上の新着求人の中から、希望の条件にぴったりの病院薬剤師の情報を平均5件紹介。
  • ・入職後に条件の違いが起こらないように、希望する転職先は徹底的に事前調査を実施しています。
  • ・働きながらでも転職活動ができるように、面接日のスケジュールを調整してサポートします。
  • ・家庭と仕事のワークバランスを図りたい人には、残業なしや日直なしの求人を紹介します。
  • ・自分の興味のある処方箋科及び利用頻度の高い主要な駅から、病院薬剤師の求人を自由に検索。

マイナビ薬剤師
対応エリア 全国対応
運営会社 株式会社マイナビ
オススメ度 ★★★★
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • マイナビ薬剤師は知名度No.1。お客様満足度94%誇る丁寧な転職サポートが魅力のサイト。
  • ・プライバシーに配慮された全国10ヶ所の相談会場でキャリアコンサルタントに直接相談
  • ・内定をもらった後でも、自分の気持ちを最優先して納得できるまで比較検討してokなので安心。
  • ・内定を辞退する場合でも、キャリコンサルタントを経由する先方とトラブルのない対応が可能。
  • ・実際に職場に足を運んで人事担当者や薬局長からヒアリング。正確な病院薬剤師の情報を提供。
  • ・転職に成功した経験者が実際に利用した際の感想やアンケート結果をWeb上で紹介しています。
  • 興味がある業界への転職セミナーを開催。来場者プレゼントや事前の予約で特典あり。
  • ・気になる求人情報は最大10件までまとめてチェックして資料請求。保存や管理も簡単。

ファルマスタッフ
対応エリア 全国対応
運営会社 株式会社メディカルリソース
オススメ度 ★★★★
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • ファルマスタッフは日本調剤ならではの実力。病院薬剤師の求人も多数です。
  • ・単発・スポット・派遣スタッフとして、自分のスケジュールに連動した転職先を紹介します。
  • ・優待割引きで利用できるホテルやスポーツジムなど、充実した内容の福利厚生を提供中です。
  • ・WEBサイトからWord形式の職務履歴書をダウンロード。履歴書作成もコツも丁寧に伝授。
  • ・応募リスト・マイリサーチ機能・ブックマーク機能付きのマイページで、転職活動管理。
  • ・外出先でもチャンスを活かすことができるよう注目の求人情報をメールマガジンで配信。
  • ・自分の意思で紹介予定派遣から直接雇用を選択できるので、働きながら職場を確認できます。

病院薬剤師で採用されるコツは?



病院薬剤師として採用されるためには、もし決めた病院があるなら貴重な転職情報を逃さないことがまず1つめのコツです。例えばドラッグストア等は、新規店舗を拡張して利益を追求するような場合に随時人材を確保して店舗開設の準備をしますが、病院は新規店舗というわけにはいかないので、退職見込みの人数を補填していくことになります。ですので退職見込みの人数が出たときに随時募集というイメージになり、でどうしても民間のドラッグストアなどよりは求人数が減ってしまうのです。情報収集能力はまず1つ大事です。

2つめの「病院薬剤師で採用されるコツ」としては、患者さんとのコミュニケーション能力の高さをアピールすることです。病院薬剤師は、院内で調剤業務をするだけではなく、外来や入院患者さんに服薬指導するので「患者さんと話すのが苦手」ということでは話になりません。調剤は大切ですが薬剤師は薬を調合する機械ではないので、投薬管理をきちんとするためにも、患者さんの既往歴や体質などをきちんとヒアリングする必要があります。調剤だけが好きなら門前薬局で充分です。病院薬剤師は医師や看護師と連携して仕事をするため、独りよがりではない協調性が問われます。

そして3つめは転職サイトを使うことです。転職サイトに登録しておけばどんな情報でも最新のものを提供してくれます。例えば病院薬剤師が募集されるタイミングは12月〜2月という時期が多いのでこの時期を狙うと採用率としては高いという情報や、転職を希望する病院がどのような人材を求めているのかを教えてくれたりします。日直ができなければならない、シフトローテーションに入れるなど、病院によって条件が違うので、こういった点も事前にリサーチしてくれます。第3者の立場としてコンサルタントを経由することで、勤務条件もスムーズに話ができるでしょう。


Copyright (C) 2014-2018 病院薬剤師求人サイトランキング All Rights Reserved.